森の館

シュワちゃんはワシのヒーロー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の出来事

さきの記事リリカルなのはの前売り券を購入したあとの
「森のクマ」の行動の真相を君達に届けよう

前売り券を無事に購入した
私はまず駅にむかう(当然だ
するとどうだ「宇都宮線は人身事故のため大幅に・・・」
またか、おれは思った
ここ最近いや、入学したときから
週に三回はなにかしら人身事故が起こる・・・・
なぜ、人身事故はたいてい自殺と聞くが
なぜ、駅でわざわざ死ぬのか。何百人という人に迷惑をかけて死ぬとは
「困った御方だ・・・」これにつきます
しかたなく赤羽までいき、そばをむさぼってました。
そのあと電車に乗り、乗り換え地点の駅まできたのだが
電車が出発するまでに時間があったので仮眠を取ることに・・・

すると?

バチン!
頬に放たれた一閃のちらつき・・・
「ダレだ?俺の眠りを妨げる愚か者は、俺の眠りを妨げたのならば怒りの鉄槌をもってして
断罪を・・・」
そいつは俺の友人。久々にあった
こいつは代わらんな久々の挨拶をビンタでとは・・・・
とりあえず血が出るまで殴った・・・のは嘘で
お互いの戦歴、これまでのことを話した

この日はバイトだったのだが
いかんせん眠気と先の記事の一軒で頭がいたくなっていた
すると友人Eが「ゲーセンいこうぜ」
俺はその言葉にホイホイとつられてしまったのである。
バイトはお休みした
まともにサボったことがないのにな(主は友人関係を優先するほうなのだ、しかし今回は特別、普通はバイト休んでまで遊ばん)

まあ高校生がたくさんいるからってのもある
時代は交代すべきってね。
高校時代はバイト一筋だったから(とらドラ!の櫛枝実乃梨にあこがれてたのは秘密)

もうバイト一筋の俺は終わったのかもしれん
最近は学校が忙しいし
しかし先週は8時間、先々週は10時間とまあ微妙なところではあるがw

とゲーセンいく
俺なにもしない
友人が音ゲーやってるだけ
いちおう太鼓の達人で「キラメキラリ」「AB!のop」は叩いたがダレタ
このときすでに体を悪魔が蝕んでいたのだ

帰り道俺は自分でもおかしいほどに狂っていた
自分でも覚えている発言集↓

「あなた!私たちの子供よ!」「どれどれ?うおあああああ!!?ババアじゃねえかああ!!!」
「おぎゃああおぎゃあ(婆さん声)

「話を・・・聞いてってばあ!」「ぶちぬけえええええええ!!」「紫電一閃!!」「はあアアアアアア!!」

「最近金魂がかゆくてなああ」

「リリカルマジカル始まります」

「車は嫌いだ。排気ガス撒き散らすは、動物轢くわで」

「なんか聞こえね?うああああ!!アメリカ軍だああ!」

すると知らぬうちにお墓に・・・
俺は「BIGBOSS」と刻まれた墓に来ていた
すると突然の心臓発作
FOXDIEだった いつ感染していたのか
友人に急いで「すまんがな、あそこまでつれていってくれ・・・」

俺が立った墓前は「THE・BOSS」と刻まれているお墓
俺はその前で「ボス・・やはりあんたが正しかった・・・」
そして俺は敬礼をするが
倒れ、己の命がそう長くないと悟る
そこで最期に一服とかばんからスク水を取り出しにおいを嗅ごうとするが
力が抜けうまくいかない
それを哀れに思ったのか、友人はスク水を俺の鼻元まで持ってきてくれた
「すーーーーーーーーーっはああ・・・」
ああ、これが最期なのも悪くない。
友人に感取られ、至高のスク水を鼻に吸着させながら
俺はこう呟いた。

「いいものだな。」と。
-かくしてーその生涯を通じて何を成し遂げることもなく、何を勝ち取ることもなかった男は、たったひとつ最期に手に入れた心地よさだけを胸に、眠るように息を引き取った。

それ以降「森のクマ」という男はスク水を鼻に吸着させながら息を引き取った男として
伝説の男として後々、後世、永久に語り継がれていくのであった・・・








とまあこれくらいなはず
ほかは下ネタくらいしか・・・

まあ家についたら即効風呂、寝ましたよ
で夜飯食べて現在に至ると。


で今日の名言打っときましょう

「蝉、一週間としかないその命、一週間のうちに響かせるその魂の閃き、まさに夏に散る線香花火のよう・・・」

友人に消えろ屑といわれたので

「みーんみんみんみーんwwwみーんみんみんみーんww」
「つくつくぼwwwwしwつくつくぼwwwwしww」
「しゅおんしゅおんwwしゅおんしゅおんww」
「かーかーあーあwwあーあwwあーw」←なぜ鴉

余談ですが
油蝉って一定の鳴き方ですよねw
「みーんみんみんみーん」以下同じ
で途中で止まったりすると
小便撒き散らして飛び去ってくんですよね。



おわり



―森のクマはさ、どんな大人になりたいの?―

眩い日差しの中で、彼女に訊かれる。
その微笑みを、その優しさを、決して失いたくないと。
こんなにも世界は美しいのだから、今この瞬間の幸せが永遠であってほしいと。
そう思うから、誓いの言葉を口にする。
今この気持ちを、いつまでも、決して忘れずにおきたいから。


―僕はね、正義の変態になりたいんだ―
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【今日の出来事】

さきの記事リリカルなのはの前売り券を購入したあとの「森のクマ」の行動の真相を君達に届けよう前売り券を無事に購入した私はまず駅にむかう(当然だするとどうだ「宇都宮線は人身
プロフィール

森のクマさん

Author:森のクマさん
漫画家志望の森のクマと申します
日々ストレスと格闘しながら
生きています
人とはなにか?宇宙の謎
知りたいことがたくさんありますよね
でも考えると頭痛くなりますね。
カーネルの奴隷として活躍中

今年賞とるの目指してがんばります!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
TweetsWind
TweetsWind
TweetsWind
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。