森の館

シュワちゃんはワシのヒーロー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fate/ZEROの今後

Megami Magazineにアニメ版Fate/Zeroの今後の展開などについて
少し掲載されていたのでまとめます。

多少ネタバレはあるので原作未読派の方はお気をつけ下さい
kyasu.jpg



まずは1クール目ラストの話(=13話)までのタイトルです。

>第10話(12/3) 凛の冒険
>第11話(12/10) 聖杯問答
>第12話(12/17) 聖杯の招き
>第13話(12/24) 禁断の狂宴


というわけで、前半部の大きな盛り上がりの一つと思われる、「聖杯問答」は
11話で確定のようです。
ライダーの宝具の演出が楽しみすぎます!



また、記事の方にはあおき監督のインタビューも掲載されていましたので
そこから今後の展開について触れられた部分を少し抜粋します。



>――本作には、先程お話のあった『Fate/stay night』のヒロインたち
>(凛、桜、イリヤ)も登場しておりますが、今後も彼女たちの活躍を
>期待できますか?

> その点では第10話が見どころですね。原作にもあるエピソードを
>若干膨らませて、凛メインの1話となっております。




>――最後に、今後の見どころについて教えてください。

>まずはセイバーの試練として、第11話でセイバー、ライダー、アーチャーが
>一堂に会する、王の宴があります。王としての彼女の覚悟が問われるこの回が、
>1クール目のクライマックスになります。また、1クール目の最終話、第13話は
>キャスターとの血栓の取っ掛かりになる話になります。
>ド派手なアクションも満載で、ビジュアル的にはかなり見せ場になっていると
>思います。


とのこと。

インタビュー以外の部分での情報によりますと、ソラウが12話で9話以降
久々に顔を見せるとか。


原作の展開を含めて、これらの情報から考えますと、

10話:凛の話(オリジナル部分含む)
11話:聖杯問答
12話:ギルガメッシュと綺礼のトーク、ライダー組のデートイベント、ソラウ
13話:キャスター戦のさわり→2クール目へ続く

といったところでしょうか。


クリスマスイヴの夜に「ここで2クール目に引っ張るのかよ!」と
絶叫している自分の姿が今から容易に想像できる感じです。

ああ・・なんとなくZEROのアニメ最後なにするかはわかった
クリスマスイヴの夜に「ここで2クール目に引っ張るのかよ!」と

これはたしかにひどい切り方するよなww(いい意味で
キャスターさんがもごもご・・・・・だもn

続きから読むは寝たばれかも
自分としてはこの調子でいけば
王の宴(騎士王・征服王・英雄王)の飲み会&イスカンダルの最強宝具
『王の軍勢』(アイオニオン・ヘタイロイ)を見せ付けて終わるのかとおもいましたが
結構早くね~
まあ切り方としてはキャスターが・・・するほうが
次回が気になるけどさww
2クール目序盤から激闘じゃんそしたらww

結論。王の軍勢をアニメで早く見たい・・!
王の軍勢(アイオニオン・ヘタイロイ)
ランク:EX
種別:対軍宝具
レンジ:1~99人
最大捕捉:1000人

征服王・イスカンダルたるライダーの切り札であり真の宝具。広大な荒野が広がる固有結界で、死してなお果てることが無かった征服王への忠義と彼らの絆を昇華させた究極宝具。
イスカンダルの生前共に戦い、死後英霊として召し上げられた近衛兵団たちを独立サーヴァントとして連続召喚する。ライダー自身は魔術師では無いが、彼の仲間たち全員が心象風景を共有し、全員で術を維持するため固有結界の展開が可能になっている。要は、生前のイスカンダル軍団を丸ごと召喚・復活させる固有結界。
召喚されたライダーの臣下は英霊として召喚されたサーヴァントであるためそれぞれの個体が非常に強力で、全員がランクE-の『単独行動』スキルを持つためマスター不在でも戦闘可能。一度発動してしまえば結界の維持は軍勢全員の魔力を使って行われるため、規模の割りに非常に燃費が良い。ただし、最初にライダーが『英霊の座』にいる軍勢に一斉号令をかける必要があるため、維持は簡単でも展開そのものに多大な魔力を喰う。
ライダー生前の愛馬、ブケファラスも英霊化しており、軍勢として召喚が可能。またこのブケファラスは、『神威の車輪』と同じようにキュプリオトの剣を利用して召喚することも可能なようである。
ランクはEX。作中で時臣と言峰を驚愕させた、アーチャーの『王の財宝』に並ぶ評価外規格の超宝具であり、ステータス的にこのランクに相当するのはアーチャーの『天地乖離す開闢の星』(『王の財宝』はステータス表記ではE~A++)、セイバーの『全て遠き理想郷』のみである。
イスカンダルの王としての矜持、生き様、その仲間たちとの絆を具現化した宝具であり、正反対の生き方をしてきたセイバーの心に衝撃を与え、あのアーチャーですらも一目置いた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

森のクマさん

Author:森のクマさん
漫画家志望の森のクマと申します
日々ストレスと格闘しながら
生きています
人とはなにか?宇宙の謎
知りたいことがたくさんありますよね
でも考えると頭痛くなりますね。
カーネルの奴隷として活躍中

今年賞とるの目指してがんばります!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
TweetsWind
TweetsWind
TweetsWind
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。